仕事

2017年11月16日 (木)

工事進捗状況報告書

clover 4条5条の転用の許可証と一緒に渡される『工事進捗状況報告書』

県の許可は報告書・写真・写真撮影方向を記載した土地利用計画図を2部、市は許可は報告書・写真を1部提出することになっています。

許可の日から3ヶ月後およびその後1年ごとに提出(工事完了まで)と記載されていますが…eyeglass

house 農業委員会には一般住宅の場合、許可から3ヶ月で建物は完成せず、半年ぐらいにしたらどうか検討して欲しいとは言った事がありますが。

camera 建物表題登記の際に写真を撮るので、それを添付して提出しますが、委任の内容にそこまで含まれるものかと coldsweats01

実際に3ヶ月過ぎても催促は有りませんが、年度末の3月に催促の電話が有りました。
年度末にはチェックするようです catface

| | コメント (0)

2017年11月12日 (日)

第1回支部研修会

昨日午後から支部研修会へ行ってきました。
2017nov11_3_2第1部は昨年度の表示登記研究会による”建物認定”に関する研究成果に基づく解説です。
2017nov11_2_2house 旧準則時代から建物認定に関する本に載っているような物は問題無いのですが、今回の結果については10人いれば3人ぐらいは反対意見がでるかも知れません。

camera 部分的な写真と実際に現場で見るとでは印象も変り、いわゆるグレーゾーンで同様の事案を参考にはするものの、最終的には個別の判断となるのは毎度の事。

申請人の意思も重要ですし、第三者の権利や関連するモロモロの事情が絡み合い、それらを総合的に判断する訳なので難しい。
2017nov11_1_2第2部は「法定相続証明制度」の解説を司法書士兼業のセンセーから詳しく教わりました。

概要は知っていますが、実務として調査士が利用するかというと、これまでのように司法書士のセンセーへ相続登記と併せ御願いする事が多いかなと。

時代の要求から生れた制度ですが、数年の運用後は見直しが有るかもしれません。

| | コメント (0)

2017年11月 9日 (木)

久しぶりに家屋番号で補正

house 先日1981番1の土地を農地転用後に、建物表題登記と地目変更を申請しました。
隣に1981番(宅地)が有り、既登記建物が有る事は分っていましたが、今回は農地転用した事も有り、家屋番号はそのまま1981番1として申請。

telephone ホーム局より「1981番の土地に家屋番号1981-1と1981-2が有るんで申請した家屋番号を1981番1の1にして欲しいんすよねぇ」との電話…coldsweats01

1981番の1(1981-1)と1981番の2(1981-2)が既登記だった訳ですなぁ。

申請した1981番1が1981-1なので既登記と重複するのです。

これまで、何度か家屋番号について書きましたが、農転をかけた土地に建てたので、家屋番号のチェックが甘かった訳です。

http://atokichi.cocolog-nifty.com/chosasi/2013/12/post-5152.html
これまでの記事を参照下さい。

| | コメント (0)

2017年11月 6日 (月)

工事届

house 建物の表題登記に所有権証明情報として建築確認を添付しますが区域外の場合、変る物として工事届けを添付しています。

事務取扱要領:104条4 共有建物の表題登記申請書に添付された第1項第1号の情報に所有者の持分が記載されていない場合において、申請書に記載された共有者の持分が均等でないときは、持分が減少する者の承諾書(印鑑証明書付)を添付させるものとする。

第1項第1号が指すのは建築確認と検査済証なので工事届は対象外で、所有権証明情報とはならない考えのようですけど。

不思議と建築確認区域外がつづきますが、工事届けの場合でも共有者の持分が違った場合、上申書など持分を確認した書面を求められるのでしょうか?

引渡証明書を貰う際、現場のチェックをする上で図面も必要だし施工業者さんからは貰っていますので、保管資料としてPDF添付。

eyeglass 因みに飯豊町の場合、都市計画区域などに関わらず町全域が建築確認必要な区域だそうで、不思議に思い尋ねてみると地元市町村が決める事のようです。

| | コメント (0)

2017年10月29日 (日)

ログインが何度も聞いてくる

資料などダウンロードをする際に、調査士会HPをチェックしますが、先月頃からログインがおかしいです。
ID・パスワードの入力画面が、これまでのものに加え以下の画面で再度入力を求めてきます…何コレcatface
Pass_yacそれも、スンナリ入れず同じID・パスワードを入力する事数回ようやく入れる有様sweat01

HP管理費用をケチっているので、細々と不具合が目立ちます。

| | コメント (0)

2017年10月27日 (金)

未登記建物が有る表題登記

house この所、建物表題登記の依頼ですが未登記建物を附属建物とする事件がつづきます。

明日は土曜日の大安と言う事で、引渡に同席の予定が2箇所。
共に表題登記(新築)ですが未登記が有り、譲渡証明書での対応。

今回は未登記建物でも課税されており、特に問題は有りませんが農家の建替えは必ずと言って良いくらい、未登記建物にぶち当たります coldsweats01

金融機関との事前の打ち合せで、どの様な登記をすれば最も費用が掛らずに済むかを考えるのも重要な仕事 dollar

地目が畑の所にも未登記の大きな建物が立てられているし、どこまでの土地を入担するか金融機関の判断待ちで、随分待たされた事も…eyeglass

| | コメント (0)

2017年10月26日 (木)

タイムラグの話し

memo 現在の登記完了証になり6年ほど経過しました。
それまでになかった”登記完了の年月日”の記載。
地積測量図などには左上に記載されます。

しかし、この日付=登記事項を取得出来る日付では無く2日程度のタイムラグが有ります。

登記は完了しても2日後にしか登記完了証を受取る事や、登記事項証明書などを請求出来ないと言う事です。

農地転用の許可証の場合は許可の日付から、交付まで5・6日場合によっては休日を挟み一週間後に許可証を受領出来るタイムラグ catface

何れも手続上の問題で、このようになるらしいですが、急ぎ登記事項証明書や許可証を届ける必要が有る場合、こちらがサボっていると思われる事も…crying

book ブックレス化する前の同時謄本が有った時代です。
謄本の日付と受領箱に入る日付の差が大きく「これでは金融機関に届けられない!」と司法書士のセンセーが新たに交付を受けるとクレームを入れていたのを思い出しますsweat02
大急ぎの事件だったのでしょうねぇdown

| | コメント (0)

2017年10月25日 (水)

位置情報の取得と記載

wrench 街区基準点の設置により地積測量図を作成する際にも原則として世界測地系での測量に基づく事になりました。
早いもので10年以上経過しましたが、その間にGoogleEarthや地理院地図を利用する事で、情報を誰でも落す事が可能になりました。

最初は航空写真の解像度が低く誰でも、しかも無料で使えるレベルになったのは、ここ4~5数年です。

これら電子地図を用いる事で容易に位置情報(緯度経度)を取得出来、逆パターン?として世界測地系のSIMAを表示する事も出来る訳ですねぇ coldsweats01

Tiriin地理院地図では画面下に緯度経度が度分秒単位で表示され10進数での表示切替も出来ます。GoogleEarthでも同様に表示されます

Googl

これまで、様々な申請書に位置図を付けていましたが、取得した緯度経度を記載項目に加えればこれからの時代不要かと。

shadow 地積測量図や建物図面にも、これら中心位置の緯度経度を記載する日が来るかも知れません。

| | コメント (0)

2017年10月24日 (火)

襲名

襲名と入っても、歌舞伎や落語など伝統芸能の話しでは有りません。

shadow 登記名義人を見ると相続で所有権移転してますが、同姓同名でした。

営業上の目的から襲名されている訳で、子供の頃から知る地元では有名な造酒屋さんです。
近くには(株)○○商店とダイレクトに名前を冠している方も、代々襲名しておられます。

相続しても同じ住所氏名と言うのは分っていますけど、やはり襲名披露のパーティーとかをするのかと考えると、余計な事ですがチョット面白いです coldsweats01

| | コメント (0)

2017年10月17日 (火)

建築確認の住所氏名

house 建築確認の建築主の住所・氏名の話しです。

建築確認上の住所が旧住所で、引越し後の新築建物の住所で申請する場合、住民票などで前住所との繋がりを求められます。
ここまでは良くあるケース pencil

激レアなケースですjapanesetea

shadowshadow夫婦共有名義での表題登記依頼でしたが、建築確認を見ると旦那さんと奥さんの苗字が違います…?

確認申請の直後に入籍され、奥さん旧姓で記載されていましたsweat02

住民票に旧住所の記載は有っても旧姓の記載は無いので、どうしようかと。

銀行で御本人同席の基、打合の際、住宅ローン申込時点での印鑑証明書が有り、旧姓と旧住所でしたので、それを借りる事ができ運良く、ひと手間が省けました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧