仕事

2017年6月23日 (金)

農家の建物は悩ましい

bank 時々金融機関より相談を受けますが、その殆どは農家の建物。
街中の場合は、その多くは借換えに伴うケースで未登記の車庫屋物置が登記出来るかの判断ですsign02

敷地が広い上に複数の建物が有り、既登記がどれで未登記がどれなのか判断が付かない分けです。
登記上の地目が畑の上に未登記建物が有るなんて事が珍しく有りません。
ホーム局に建物図面は無いし、草葺との表示から見ても現存しているのか怪しいsweat02
課税台帳(名寄)からも、実在する建物のが、どれかは… coldsweats01

事務所に戻り、Googleマップで建物の数を確認…eye

道路沿いの建物はストリートビューで見ると、現場に行かずに取りあえずの判断材料にはなります。

正式な依頼の前なので、この程度かと?見積をと言われてもねぇ。

今回の場所は地籍調査区域なので、農地に建っていない事だけは間違い無いようなのでホットしました eyeglass

何処までの土地・建物を担保物件とするか、農家の建物は悩ましい gawk

| | コメント (0)

2017年6月21日 (水)

地図の最低条件

house 建物の表題変更登記で取得した公図の方位が90°違っていました。

何となくおかしいなぁーと思いつつ、新築時の建物図面を見ると公図のとおり coldsweats01

現地で方位を測ることなく記載したのでは?

eye さほど古い建物では無いので、新築時に建築確認の配置図(平面図)に記載が有ったと思うのですが。

pc 現在ではGoogleマップ等のネット地図から真北を知る事が容易に出来ます。

旧土地台帳附属地図が殆どなので、一昔前なら方位磁石は必須アイテムでしたが、それも不要になってきました。

shadow 地図の必須条件と言うか「縮尺」「方位」は最低条件と叩込まれて来ましたから、お陰様で厳しく身についていますsweat02

| | コメント (0)

2017年6月20日 (火)

森林組合へ

山なので隣接地番が分らず東奔西走dash

公図は公共事業による買収の際に1/500の地図訂正で納められていますが、地積測量図を見ても一部隣接地番の記載が有りません…think

その際にも隣接する地番(公図)が不明だったのでしょう。当時は残地扱いでしたから、公共事業と言う事も有り、登記所も大目に見たのかも知れません。

市役所へ行き固定資産税の担当部署で航空写真を見せて貰いましたが、やはり山なので参考程度との事です。

一応、それらしい地番は分ったので公図を取得してみると1/3000の山図面。
全く接合が分らないので、登記名義人の××生産組合を尋ねてみる事に。

登記上の住所は既に無く、総元締?の森林組合へお邪魔して来ました。
これまでにも山の測量で何度か確認へ足を運んだ事は有りますが、一昔前のように紙の図面ではなくPCで台帳と地図データで管理されているようでした。

結局のところ、取得した公図の地番と接続すると推定は出来るでしたが、はたして現地での立会結果どうなる事やら…shadowsweat02

| | コメント (0)

2017年6月19日 (月)

最新の雛形をチェックしましょう

pc 農転の申請書や添付情報の雛形は各市町村のHPからダウンロード出来ます。
これまでの物を使い回ししていましたが、久しぶりにダウンロードしてみると微妙な変更が…?

これまでは「耕作者名」でしたが「申請地の表示」の項目に”権利の種類”と”権利者の氏名又は名称”へ変更。

許可の印が押される「指令書」の部分では取消しの条文が「農地法第51条第1項」から「83条の2」へと変っていました coldsweats01

前回、気付かずに申請していましたが、よくよく見ると出てきた許可証はどの様に編集してくれたのか、条文の箇所は最新の物で印が押されて発行されていました。

時々はチェックしないと…反省 think

| | コメント (0)

2017年6月17日 (土)

印鑑証明書の原本還付

house 建物の登記に添付する施工業者の印鑑証明書を借りてきました。

近年は還付は勿論、受領証を求められる事が多くなりましたが、昔から原則還付はしておりまする coldsweats01
還付出来るモノは還付して、登記が完了した事の報告がてら、お返しするのが当り前かと。

pc 商業登記が本局へ集中化される前は、省略も出来たのですが、この不便もすっかり慣れました。

県外の業者では建築確認と共に郵送され、印鑑証明書の返信用封筒まで同封されてくる業者も有ります。
今回は、地元の建築会社さんですが古い「印鑑証明書は有りますけど…」と言われました。

1年前の印鑑証明書ですので、今回は使い切って良い事になりました…めでたしめでたしeyeglass

| | コメント (0)

2017年6月13日 (火)

平板から座標化した地積測量図

eyeglass 地元特有かも知れませんが、昭和60年台から平成一桁台の県や市の嘱託事件で治められた地積測量図の話しです。

因みに同時期の建設省嘱託事件の地積測量図では座標三斜の図面が見られます。

絵柄の部分と別紙でX,Y座標による求積表や辺長の記載が有りますが、何故かB4版の左右に座標値が…?

pencil これは平板測量の原図をデジタルプラニメーターで2回読み平均値を地積として登記していた図面です。

shadow 知らない人が見ると座標求積にみえますが、座標法による測量結果ではありません。
一つの地番で、求積部分毎に1・2・3…と番号を振ってますが、大きな丈量図1枚の範囲でX,Yの原点も1枚…と言う事で隣合うような地番では一つの座標範囲と思って良いです。
番号は1筆毎に付されている特徴があります。

同じ点を2回読取りしていますが、座標値を良く見ると1m以上違う箇所も…catface

danger 1回目と2回目に読取った面積の差を公差判定しているので、1点毎の読取り制限はかなりラフです。

1/500で平板測量した原図からトレース(墨入の原図)を読取る訳で、更に現地には施工時に設置されたコンクリート杭が存在する訳ですsweat02

図面と現地の杭がこれでは違うのが当り前。

このような地積測量図は、作成された経緯を知っておかないと一見した座標を見誤る事になります。

| | コメント (0)

2017年6月12日 (月)

伐採

eyeglass 6月も中旬になり測量の現場では伐採が必須です。
宅地回りではドクダミが白い花を付け初め、臭いが強烈sweat02

今日は午後から久しぶりに山の現場へ行ってきましたが、先に進む為にも伐採が必要なほどの有様でしたsweat01

雨上りの山の現場は草木が濡れているので、足下も悪く伐採した臭いが作業着に染付いていました。
臭いを付けたまま、帰り脚で役所の打合せに…多分臭かったろうなぁと coldsweats01

ところで、そろそろ鉈と鎌を研がねば think

| | コメント (0)

2017年6月 8日 (木)

コンビニで図面を印刷したら…

shadow資料の一つとしてA3版で現況平面図を作成しました。

4枚の写真を入れたので事務所の複合機より発色が鮮明に出るコンビニでPDFデータをプリントしてみました。

24hours セブンイレブンの印刷ではスケールを保持しており問題無かったのですが、ローソンで印刷すると3%ほど縮小されていました…あらまぁthink

湿度による伸縮にしては大きすぎるので仕様かも知れません。

danger 入手した公図は必ず図郭(252×250㎜)をチェックしますが、自分で作成した図面もプリンターから印刷した場合スケールのチェックは必須です。

eyeglass 同じデータでもプリンターにより多少は伸縮差は有りますが、PDFデータを印刷する時は設定に注意が必要です。

ローソンとファミマは同じSHARPの機器ですのが、最初からやり直しても「チョット小さめ」の設定は有りませんでしたsweat02

| | コメント (0)

2017年6月 6日 (火)

手簿計算での裏角

shadow 今時のTSは対回観測も自動で倍角差や観測差までして下さるようで、手計算でする事は少ないらしいです coldsweats01

対回観測の角度計算では反の状態で後視が大きな角度の場合、差引値がマイナスになる事もあり、角度の引算が面倒と言われる方がsweat02

(例1)182°26′40″-(後視)180°0′40″=2°26′0″と素直に引算

(例2)130°30′40″-(後視)180°0′40″=310°30′0″

eye 普通に考えると130+360=490-180=310°となりますが180°裏角=180°なので180°を+しても同じです(130+180=310)

(例3)45°25′30″-(後視)270°0′30″
この場合は270の裏角が90°ですので
45+90=135°
答:135°25′0″

eyeglass 文字では分りにくいかも知れませんが、基準点で手簿を付けると暗算が不得意でも、角度の引算も直ぐになれます。

| | コメント (0)

2017年6月 3日 (土)

点検を兼ね結合トラバースで

eyeglass 歩道上にあった街区基準点が工事により連続して亡失していましたので、新点を含む結合トラバースを組みました。

起点を街区三角点~終点は街区多角点とし、共に方向角の取付けを行い与点の点検も兼ねて結合トラバース計算。

danger 計算に用いる距離は縮尺係数と投影補正にて観測距離(水平)×0.999913の補正をします。

角度の閉合差は20”距離の閉合差は14㎜と目安の10㎜を超えました。

rain 本降りの雨の中の測距でしたから、次週チェックしてみます。
現場はこの段階が一番面白いです coldsweats01

震災後の測地成果2011から6年が経ちましたが、その後も余震と見られる地震は何度も起きているし、工事の影響も少なからずあるのかと…gawk

| | コメント (0)

より以前の記事一覧