音楽

2007年12月19日 (水)

♪私のお墓の前で…

今年のCD売上げランキングが発表され秋川雅史の「千の風になって」がトップになったそうな。クラシック(テノール)の曲が1位になるのは初めての事で今年唯一のミリオンセラーと付け加えられていました。
♪私のお墓の前で泣かないで下さい…初めに聞いたときはずいぶんと暗い歌だなーと思いました。
紅白歌合戦を見なくなって久しいので昨年の紅白出場がきっかけになり大ヒットに繋がった事も勿論後になって知った次第です(笑)
大晦日の夜は家族で炬燵を囲みミカンをほおばりながら紅白を見る、年越の恒例行事が無くなったのは何時からでしょうか…。そう言えばレコード大賞もすっかり形骸化してしまい単なる歌謡祭に成下がってしまいましたね。
歌番組は全然見ないので、2位以下の曲のタイトルを聞いてもチンプンカンプンで全く知りません。邦楽&洋楽両方共に昔のCDを聞いてばかりで歳を取ったなーっと実感しますなーっ。いつの間にか世間から置いて行かれたような気もしますが(笑)
レコードからCDに変る頃から音楽もずいぶんと多様化して来たように思っていましたが、ネット社会になり輪を掛けて個個の音楽を聴くようになりました。歌謡曲全盛の頃からニューミュージックが台頭し来てテレビ出演をしない歌手がベストテンの上位を占めることで、大人から子供まで誰もが知っているヒット曲は崩れ始めたように思います。その時代に一曲だけでは自分を表現できない!とあれほどテレビ出演を拒否していたニューミュージック系の面々もあっさり宗旨替えをしてCMやバラエティー番組まで出ているのを見た時に、あれは何だったんだべ?と思う訳です…。

| | コメント (0)