オンライン申請(新)

2017年5月19日 (金)

事務打合せ

法務局との事務打合せに行ってきました。
何度か書きましたが5月29日から始る相続情報証明制度の説明がメインです。

eyeglass 法務局からの要望事項から気になった項目です。
①オンライン申請の識別情報入力順序は申請物件の順序と合わせて欲しい。
筆数の多い相続や売買など権利の登記ですが何やら聞いていて引っかかりました。
調査士で言えば合筆にも若干ですが関係します。
eye 申請用総合ソフトで識別情報を提供する場合2つの入口があります。

danger 申請情報を全て入力した後、権利で言えば義務者欄に有る「登識提供作成」から、合筆では申請人欄にありますが、ここから入ると入力した申請人や物件が自動で引継がれます。

同じ操作に見えますが、一覧画面上にある「登記識別情報関係様式▼」から入ると、苦労して入力した情報は一切引継がれず白紙からの作成 coldsweats01

shadow推測ですが順序が違うまま送信されている司法書士センセーは多分、こちらから作成しているのではないでしょうか?

⑦オンライン申請で物件を入力する場合、分筆の新地や建物表題など、地番や家屋番号を新たに付すような場合は、「新設」を選択して入力願いたい。
何度か書きましたが分筆は既存物件と新設物件を同時に扱う特殊な登記です。
登記官は御存じないようでしたが表題登記に「新設」はありません。
表題登記は新たな地番・家屋番号のみ扱う申請ですから問題がないのですsweat02

| | コメント (0)

2017年5月11日 (木)

電子署名ファイル保存先の指定

telephone 先日Sセンセーからの問い合せがあり、お使いのPCで見ないと分らない操作があったので、チョコットお邪魔して来ました。

eye 気になったのが電子署名する際の操作。

ご存じのとおり、セコムパスポートに変って以降①ファイルの保存先を指定し②パスワードを入力します。

shadow Sセンセーは①②ともに、パスワードなどを記録した先からコピー&ペーストしていました。

パスワード管理ソフトを利用すると便利なのですが、益々話しがややこしくなるので、取りあえずスルー coldsweats01
Secom


①に付いては入力画面で▼をクリックすると過去に利用した保存先を一発指定出来ます。

wrench Tif図面へのXML署名でも同様の操作が可能です…少しでも楽しましょう。

| | コメント (0)

2017年5月 9日 (火)

数次のオンライン滅失登記

昨日の続きですが、登記の内容が3件の数字相続の滅失オンライン申請での問い合せでした。

その内1件は4代にわたる相続人からの滅失申請。
eyeglass 内容を見ると被相続人から始り、次々と順番に記載しているようですが…?

相続人からの滅失登記は珍しく有りませんが、数次にわたる滅失登記は最近していませんsweat02

telephone 前述のように順次相続人を記載しようとすると、どうもオンライン申請の雛形に埋めるのが馴染まないようで、昨日書きました添付漏れの警告画面の2点のお尋ねだったのです。

wrench 推測ですが、被相続人欄はあくまで登記上の所有者のみ記載。
途中の相続人は記載せず(相続人)申請人・住所氏名で良いので良いと思いますが?

shadow 某センセー曰く「これまではこのように記載して申請していたので、オンライン申請でも枠を追加して埋めてみた…。」との事でした。

記載して悪くは無いと思いますが要らないんじゃないかなぁと coldsweats01

| | コメント (0)

2017年5月 8日 (月)

添付情報遺漏の警告

telephone 再び某センセーより「添付情報を遺漏している可能性が有ります。」との警告が表示されると電話を頂きましたsweat02
Tenpuerrpc オンラインでの添付ファイルは一切無しと言う事ですが…何故?
私の場合、どんな登記の目的でも93条調査報告書だけはPDFでの添付になるので何も添付しない事件は有りません。

図面は勿論、委任状・上申書や引渡証明書などを除き原則PDF添付です。

試しに添付無しで完了してみると、上記の警告画面が表示されました。
本来は添付忘れ防止策なのでしょうけど、司法書士のセンセー方のブログでもこの画面が出ると意味が無いとか不安だとか…coldsweats01
器械的に判断されるエラーメッセージは何を意味しているのか分らない事が多く、役に立たないって言うか余計なお世話の場合が多いっす…japanesetea

| | コメント (0)

2017年4月12日 (水)

分筆した土地が取込めない原因

telephone 昨日某センセーからオンライン申請の分筆で泣きの電話が入りました。

先のバージョンアップでチェックされるようになり、エラーが出るが原因が分らず送信した結果ホーム局で取込めず…困った crying

これまで膨大な分筆をオンライン申請してるセンセーですが今更なぜ?

mailto 取りあえず申請書をPDFで送って貰うと、案の定、登記の目的が土地分筆登記になってます。
実際のデータを見ないと分らないので、申請情報を書出しメールに添付して貰いましたが、登記の目的以外にも申請人などにスペースが多数入っています。
エラーにはならずとも、これはいけませんsweat02

分筆の場合、他の登記とは違い既存の登記情報+新設の登記情報を1つの申請情報として送信する特殊な事件です。

申請用総合ソフトの登記の目的欄の下には注意書があります。

http://atokichi.cocolog-nifty.com/chosasi/2015/11/post-22ba.html
「新地」については以前書きました。

登記の目的をプルダウンメニューにすれば、このような間違いは起らないと思うのですが…何時までも改修されませんなぁ。

2a001分筆の場合、新たに作る登記情報は(新地)と表示されていなければ、既存の登記情報となり、オンラインでのチェックにて「指定された物件は存在しません」とエラーが返されます(上図)

雛形を利用し、埋めて行けば問題無いのですが、登記の目的を変更したり、何らかの理由で新地を削除し物件追加したりすると(新地)が消えて仕舞いますsweat01
Seikaidanger 新たに起す地番は(新地)で有る事をお忘れなく。

しかし、このエラー表示も不親切で、どのように直せば良いのか教えてくれません…think

sign01ホーム局でも何故№2が取込めないのか分らないようですが、数年前ならいざ知らず、オンラインを推進してるならば登記官も勉強不足でしょう。

| | コメント (0)

2017年4月11日 (火)

毎回でるのも煩わしい

pc 4.8Aの改修で、事前チェックの画面が登場します。
Bukkeneyeglass 毎回この画面が出ると煩わしく感じる様になりましたsweat02
チェック漏れに気付かずに送信される方が多いと言う事でしょう。

これも、オンライン申請の普及に因る事だと思えば、ある意味仕方のない事。
wrench ソフトでチェック出来るのであれば、結果的に登記処理がスムーズになると諦めますか…coldsweats01

| | コメント (0)

2017年4月 5日 (水)

建物分割の事件ID

house house 先月建物分割登記をした現場で、雪解けを待ち更なる依頼が来ました。

http://atokichi.cocolog-nifty.com/chosasi/2013/09/post-2246.html
以前、1申請された複数筆の分筆の地積測量図が同じIDとして登録される話題に触れました。

今回の建物分割は1申請で2つの家屋番号へ分割する登記でしたが…?
登記情報サービスでIDを確認して見ると、やはり同じIDが付されています。

地積測量図とは違い、隣接地の調査で取得する事は有りませんから、得すると言った事にはなりそうもありません coldsweats01

http://atokichi.cocolog-nifty.com/chosasi/2014/02/post-c33a.html

shadowsweat02以前、14条地図作成により作られた地積測量図が、一括したIDを付けてしまいダウンロードの対象外でしたが、苦情を受けて1個づつIDを振り直しました。
事件IDについては、登録する担当者任せなのかも知れません。

| | コメント (0)

2017年3月25日 (土)

4.8A

今朝申請用総合ソフトを立ち上げると4.8Aのバージョンアップでした。
Kaishu改修内容は上記のとおりです
今日はホーム局がお休みなので、オフラインですからチェックは出来ません think
48a03こんな画面が表示されました eye

| | コメント (0)

2017年3月24日 (金)

10年一昔

shadow 2007年3月19日に地元支局が県内2番目としてオンライン申請がスタートしました。
早いもので丸10年が経ちました…eyeglass

遡る事2005年3月22日に全国のTOPとして上尾でオンラインが開始したときは、どんなメリットが有るのやら?そもそも本当に登記事務がオンラインに馴染むのかと思っていましたが coldsweats01

pc その後2011年2月14日新システムへの変更までの4年間は、正直申請する調査士、受信し処理するホーム局も手探り状態でスッタモンダが有りました。

オンライン申請に先行してスタートした登記情報サービスも図面交換サービス開始まで建物図面や地積測量図が取れませんでしたが、2012年9月からは閲覧も無くなり今に至ります。
振返れば10年一昔とは…早いような遅いような japanesetea

| | コメント (0)

2017年3月23日 (木)

入口の違和感

2a000登記情報サービスにログインしようとして違和感…何か違うようなsign02
2a002_221日から新システムに移行したようで、ログインのアイコンが変りました。

danger お知らせを見ると今日もトラブル発生のようで「取得中」から「請求済」へ変らない事象が緊急!で載っています catface
こちらが旧アイコンです pcsweat01

| | コメント (0)

より以前の記事一覧