新93条調査報告書

2017年11月 1日 (水)

新93条調査報告書の置換え

telephone ホーム局の担当者から確認の電話が。
最近、補正はご無沙汰ですが何かと?

附属建物の屋根が申請情報や委任状は「亜鉛メッキ鋼板ぶき」だが調査書は「合金メッキ鋼板ぶき」になっているとの確認でした。

調査書が間違いですsweat02

新93条調査報告書はMzRoomさんのExcel版を大変便利に活用させて頂いていますが、文字の置換えについてです。

保護されている為先に右上「編集様式OFF」を「ON」に切替えます。
2a002右の■がに変ります。
2a001次にExcelのコマンドで置換えはCtrl+H

※調査書を作りかけの保留中項目も同様に「編集ON」にしてセルに色を付けておくと後々、保留中の項目が一目で分り便利です。
shadow Excel2003でも特に問題は無く使えています coldsweats01

| | コメント (0)

2016年9月15日 (木)

嘱託事件の93条調査報告書

明日16日が旧様式93条調査報告書の猶予期限終了です。

流石に切替えたかと思いきや、ギリギリまで粘る御仁もいらっしゃいます…忙しい事務所はそれどころじゃないみたい coldsweats01

ところで、地元の嘱託事件は更に古い様式のB4をA3拡大版の一枚でしたが、今回の改定で統一されるようです。

shadow 役所の場合、現場を知らない担当者に記載は無理なので業務委託先(発注先)のコンサル会社が書くのでしょうけど、いきなりのボリュームアップに戸惑うでしょう。
まぁ発注額の単価もそれなりに上がるでしょうけど dollar

danger 16日付でメールが入りました。
嘱託協会経由の事件に関しては、これまでどおりでOKのようです。
管轄する法務局で違うのでしょうか?地元は事務取扱要領との関係が有るからでしょうか??

| | コメント (0)

2016年8月23日 (火)

新様式での電話番号

旧様式の調査報告書も猶予期間が迫ってきました。
とっくに切替えた方も多いのですが、ギリギリまで替えない御仁も多くおいでのようです。
やっぱり忙しいからでしょうかsweat02
9月16日迄が併用期間ですので一月を切りましたsign03

shadow先日某氏より新様式での電話番号記載について「全部書くのか?」と尋ねられました。

申請人の電話番号は、まだしも隣接者の電話番号は抵抗のある方も。

と言うか、立会の際に電話番号を聞かなかったみたい coldsweats01

pencil 私は調査報告書へ書く書かないに関わらず、立会調書には最終的に境界承諾図へ押印貰いへ伺う都合から署名と電話番号はその場で貰います。
電話帳に載せない人が多くなり、そもそも連絡先を携帯にする方も多いです。

telephone そんな訳で、申請人・隣接者の電話番号は埋めていますが、これは必須項目とは言えないでしょう。

これまで電話番号を尋ね拒まれた事は有りませんが、個人情報に関しよりては一般の方も神経を使う方が増えるのは確実で、使い道の説明と管理はしっかりせねば成りません。

| | コメント (0)

2016年6月16日 (木)

補助基準点とは?

2a1改定93条調査報告書を作っていて気になった項目が。

「土地の09筆界位置の計測に使用した”基本三角点等”は街区基準点などですが次に「補助基準点」とは?

2a0
街区基準点の補助点が有りますが、これはを含むかは微妙な所。

調査測量要領の108頁
第45条2
略…多角測量は最低限4級以上の基準点を既知点とする単路線方式を原則とするが、やむを得ない事情があるときは辺長100m以内、多角点2点以内の開放多角方式…云々

街区補助点は街区三角点や多角点を与点とし結合しています(精度管理された物)
上記45条2の前半部分。
後半部分は筆界点観測の為に、任意で設けるトラバー点の事の条件を記した例外規定(精度管理外)

よって改訂版の「補助基準点」には街区基準点の補助点と任意に設置したトラバー点の双方が該当すると思いますが精度管理の有無に大きな違いが有りますsign01

wrench 調査測量要領は公共測量作業規定をなぞらえた物ですが、それでも観測しきれない点も有るのが実際の現場です。
例外の例外 shadowsweat01

danger 公共機関が発注先であれば、担当者との協議・承諾が必要です。完了検査でひっかからないように…coldsweats01

| | コメント (0)

2016年6月13日 (月)

昭和へ…。

古い建物登記などで×年月日不詳をする操作は先日書きました。
eyeglass 昭和へ遡るには前年をひたすらクリックするのかと思いきや、金曜の研修会で画面下の「入力切替」からサブ画面が表示される事を知りました coldsweats01
Calender1コチラには平成・昭和・大正・明治が配置されています。
画面は昭和28年月日不詳の時の設定ですが、日付を注目。
Calender2eye 06月13日は無視されますので、ラジオボタンが優先される仕様です…ならばチェックを入れた時点で空欄にしてよねっsweat01

| | コメント (0)

2016年6月12日 (日)

建物種類などの割合と面積

金曜日に支部で開催しました改定93条調査報告書の研修会。
shadowH先生より「建物の種類などが複数有る場合、割合を入力するようだが、調査書へは面積を記載するよう求められているのでは?」とのご指摘をいただきました。
07で建物の種類などを入力する項目が有り、複数有る場合は「+」で追加し割合(%)を入力する仕様ですね。
確かに、後に控える保存登記の際に登録免許税の基礎資料として、実務上表示登記で”面積㎡”を記載しています。
Wariai


それぞれの面積を記載する項目は無いので、横の「報告事項」へ手入力することになります(日調連版の画面)

ところで、後半にてご紹介しましたMzRoomさんへ研修会結果のご報告かたがたメールしました所、早速補助画面を追加して下さいました。
【 手 順 】
Wariai0_3①右側の「追加」ボタンで種類を追加します
②種類右のセルをダブルクリック
Wariai1③「割合計算」画面が表示され面積を入力します
Wariai2


④割合と面積が表示されます。
wrench 
日調連版には無い項目まで対応して頂き、その素早さにも驚き&感謝でございますcoldsweats01

| | コメント (0)

2016年6月10日 (金)

改訂版の支部研修会

shadow 午後から改定93条調査報告書の研修会でした。
思いの他、出席者が多く感心の高さが伺えました。
Conv0002前半で日調連版にて基本設定~土地(分筆)と建物(滅失・表示の連件)を実際にデータを埋めつつ解説。
Conv0004eyeglass 後半は私がお奨めのMzRoomさんのExcel版フリーを解説させていただきました。
まだまだ旧様式をお使いの方が殆どで、ピントこないかも知れませんが2つ3つ実際のデータを埋めて行けば何と言うことは無いと思います。
慣れの問題…coldsweats01

| | コメント (0)

2016年6月 7日 (火)

月日不詳の入力は?

改定93条調査報告書の原因日付欄です。
右クリックしてカレンダーニュー力画面が登場しますが右側の「出力形式」がパット見分りづらい…coldsweats01

○○の部分に数値を返すようです。

wrench 未登記建物の登記原因でありがちな平成××年月日不詳としたい場合は
2a1平成○○年 月 日を指定し年月日+不詳にチェックを入れます。

「決定」をクリックすると結果が表示されます。
昭和まで遡る時はひたすら「前年」を押すことになりますsweat01

Mzroom
eyeglass お奨めのMzRoomさんのExcel版(フリー)では月・日を空欄にし「+不詳」をクリックします。
「年号」のプルダウンが有るので無駄な操作がありませんeye

| | コメント (0)

2016年6月 3日 (金)

検索・置換えは欲しい

2a0残念ながら日調連版の改定93条調査報告書では、当り前に出来るはずの検索が出来ません…catface

お奨めのM’zRoomさんのExcel版(フリー)はExcel版ですので「検索」が可能です。

「置換」は画面一番上の「様式編集」をOFFからONへ切替る事で可能になります。

2a2図は亜鉛メッキ鋼板ぶきと入力済の調査書内を検索し、合金メッキ鋼板ぶきへ置換える例です。

sign013箇所有りましたので個別に置換えるか、一括して置換えも可能ですが、混在する場合もあるので画面下のヒットした箇所を反転するとシート内で、どの項目かジャンプします。

やっぱり検索・置換え機能は欲しいですねぇ…coldsweats01

| | コメント (0)

2016年5月31日 (火)

ソフトを比較しながら研修

2a2五月も終りですが、改定93条調査報告書の支部研修会をする事にしました。


shadow 理事5名の内で改訂版に切替えたのは私だけでした coldsweats01
忙しいと慣れた様式を使いたくなるのは人情ですが、そろそろ切替えた方が宜しいかと。

土地・建物を操作し項目を埋めて行くことで、ほぼほぼ理解出来ると思います。

日調連版の操作をマスターしたところで、何か役立つ訳では有りませんが、Excelは汎用ソフトだけに慣れる意味でもM’zRoomさんのExcel版フリーソフトも紹介させていただくつもりです。

| | コメント (0)