« オンライン化へのステップ | トップページ | 4,9A »

2017年7月29日 (土)

作業場などの2階

作業場やチョット大きな車庫の一部が2階部分の話しです。
2kai2階と言っても人が上り下り出来を置く事が出来る程度の簡易な構造。
高さは勿論1.5m以上有りますが開放部分に手すりなどは無有りません。
03_2shadowsweat02 過去には常設の階段や梯子が無くとも、利用状況から高さ1.5mと用途性が有れば2階として算入させられていました。

house 建物も実地調査の対象だった時代ですが、現在は特段問題がなければ調査士が申請した建物は実地調査省略です。7

正直、蜘蛛の巣が張ったどうでも良いような造りで課税上も平家建なので平家建で申請すると階段や梯子は無関係だと言われ補正させられた事が何度か有りました gawk

所謂グレーゾーンですが登記所としては積極的に床面積に算入したいのだなっと思っていましたが、最近は常設の階段が有っても「写真で見る限り不参入でないかなぁ?」と微妙な問い合せが有ります。

申請人も2階建ての認識です。未登記物件だったの課税台帳にも2階と記載が有り、添付すると「課税はまた別ですから…」ってオイオイ catface

正直どちらでも良いのですが、これまで算入させられてきた経緯を説明…宗旨替えでもしたのかと言いたくなります。

平家建と2階建ではイメージが大きく違うので、算入不参入の基準を示して貰わないと、困るのは申請人(調査士)です。
この程度の事なら申請人の意思を最大限尊重して良いと思うのですけどねぇ japanesetea

|

« オンライン化へのステップ | トップページ | 4,9A »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オンライン化へのステップ | トップページ | 4,9A »