« 大容量ファイルのやり取りⅡ | トップページ | 四月に入りタイヤ交換 »

2017年3月31日 (金)

課税台帳上の所有者

eyeglass 年度替りですが、課税台帳(名寄)の話題です。
車庫・物置など未登記建物や増築未登記のまま売買し所有権移転登記がされた後、表題変更登記依頼を受ける事が有ります。
担保となる土地の上に有る建物は全て登記するのが融資条件なのは何時もの事。

search 所有権証明情報として市役所の課税台帳(名寄)を調査しますが、増築の記載は有っても4月にならないと課税上の所有者は変更されません。

shadow 前所有者より承諾書が貰える事は、ほぼ無理で現在の所有者からの承諾書で請求可能か?市の担当者に確認するとOKでした。

市としてもホーム局からの通知で、所有権が移転した事実を把握しておりますが年度単位で課税台帳上の所有者が書き替わるので、発行する課税台帳(名寄)の所有者はあくまで、前所有者が記載されます。

調査書に、その旨を記載しておけば問題もないようです…pencil

|

« 大容量ファイルのやり取りⅡ | トップページ | 四月に入りタイヤ交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大容量ファイルのやり取りⅡ | トップページ | 四月に入りタイヤ交換 »