« 他人の間違いは直ぐ気付くのに | トップページ | ファイルサイズは縮小出来る »

2017年3月16日 (木)

ドットプリンターの求積表

house 建物図面を請求したら求積表がドットプリンターで描画された物が出てきました。(平成元年の登記)
Dotprneyeglass 見た目は何となく専用ソフトっぽいですが?
いろんな意味で有名なセンセーですが当時としては進んでいたほうですね coldsweats01

私も開業当初は、絵柄部分を手描きで求積表は当時主流だったLotus123を利用しドットプリンター印字でした shadowsweat02

pc レーザープリンターが主流になりましたが、現在でも複写式の伝票など業務用としてドットプリンターは生きているようです。

手描きからCADの時代へと進み、ペンプロッター描画も、レーザープリンターでの図面出力へ。
それも暫くは墨で0.2mm以下の細線とあるのだから、レーザープリンターで描いた図面はダメ…何故か身内の調査士から言われましたがsweat01
そんな図面もオンライン申請時代になり久しく電子化した図面添付が当り前になりつつ時代は変ったなーっと japanesetea

|

« 他人の間違いは直ぐ気付くのに | トップページ | ファイルサイズは縮小出来る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 他人の間違いは直ぐ気付くのに | トップページ | ファイルサイズは縮小出来る »