« 気になるのは降雪量情報 | トップページ | 午前中の支部研修会 »

2017年1月13日 (金)

建築確認と床面積との相違

house 建物登記にて建物図面のチェック事項として、建築確認に記載された床面積と相違点は重要なポイントです。
根拠となる法律が違うので、階段室などの算入OR不参入に違いはありますが、悩ましい建物も多く時として、登記官と見解が分れる場合も有ります。

大まかに言えば建築確認の面積≧登記面積で、申請面積が建築確認を上回る事はほぼ有りません。
上回った場合は原稿のデータをチェックした方が良いかもshadowsweat02

ピロティやベランダなど一部開放された部分でも、床面積に算入されているケースも有り、奥行と間口の割合だったかと? coldsweats01

以前、建築確認の床面積について建築士を持つ調査士の方に研修会を御願いしようと考えた事がありました。
「YukaMenseki.pdf」をダウンロード

事前にネットで検索すると、図入の分り易いPDF資料がヒットしたので参考の為、載せておきます。

|

« 気になるのは降雪量情報 | トップページ | 午前中の支部研修会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気になるのは降雪量情報 | トップページ | 午前中の支部研修会 »