« 不動産登記嘱託指定職員 | トップページ | 調査士の源泉徴収 »

2016年7月14日 (木)

現場での観測距離は長い?

shadow 街区基準点や地籍調査などの基準点を点検するにあたり、平面直角座標での距離と現場での距離は違います。

支部管内の現場は標高と縮尺係数の双方が影響し計算値より長い距離になります。

当地の標準的な標高250m縮尺係数0.99995の場合、平面直角座標で100mは現地でどのくらいになるのでしょうか coldsweats01

計算式です

S=s/m×(6370+H)/6370

S:現場での距離
s:平面直角座標系上の距離
m:縮尺係数
H:標高(Km単位)

※6370は地球の半径ですので標高250mなら6370.25

S=100/0.99995×6370.25/6370
=100.009

支部管内の現場で点検した距離は100mあたり概ね1㎝長く、反対に短い場合は何かがおかしい?って事ですsweat02

|

« 不動産登記嘱託指定職員 | トップページ | 調査士の源泉徴収 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不動産登記嘱託指定職員 | トップページ | 調査士の源泉徴収 »