« だから何だと言わないで | トップページ | 外字のコピー »

2016年7月28日 (木)

縄伸び

調査士の業務では良く出る「縄伸び」の話しです。
明治時代に作成された土地台帳附属地図(公図)では縄伸びが有るなどと言いますが、厳しい夏の暑さで伸びたテープ(巻尺)では実際の長さは観測値より長い?短い?

測量の初歩の初歩に出てくる問題ですが、勘違いし易い問題です。

Nawanobi_4shadow 頭の中で考えると分りづらいので図に示します。
年に一度は、夏場(伸び)や厳冬期(縮み)の現場で出る話題です。

wrench 因みに光波計でも気温が上がれば大気の密度が小さくなり光の速度が速くなるので進む距離が長くなり、縄伸び(光伸び?)になります。

sun 基準点測量では距離の観測前に気温や気圧を測る理由はちゃんとあるのです。

|

« だから何だと言わないで | トップページ | 外字のコピー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« だから何だと言わないで | トップページ | 外字のコピー »