« 新93条調査書の建物記載例 | トップページ | 基準点閲覧サービス »

2016年3月 2日 (水)

土地の記載例

土地は分筆地積更正・地積更正・地目変更と連件申請の記載例です。
clip「土地記載例.pdf」をダウンロード
01登記の目的は無駄にデカイ枠の選択形式より直接入力のほうが良いとおもいます。
04の登記原因およびその日付を同じ欄に治めることが出来き見やすくなります。

03所有権登記名義人等ですが、下の段には「等」が抜けており表題部の所有者の立場はどうなるの?
(■)立会人のチェックの考え方がイマイチ分かりづらくないでしょうか coldsweats01

記載例で初めて分かりましたが
■:土地の所有者本人がは立ち会った場合
□:立会人が代理人の場合で下の欄に立ち会った人を記載。

このような記載を想定するなら、本人立会の地番には「立会人」の行を削除すれば良いし(□立会人)のチェック項目そのものが不要な気がします。
06資料・証言・事実等の分析は資料番号を毎回遡って確認しないと何について記載しているのか分かりません。これも一体とした方が書きやすいし読みやすいのでは?

表現の統一感が無いっすsweat01
「09筆界位置の計測」のタイトルは筆界位置の観測では有りませんかね?
下の観測日とるので表現の不統一感が否めません。

観測方法
実際の現場で交会など使うでしょうか?逆に開放が有りません。
種類と観測方法が一つの欄になっています。
対回なら( )と回数が必要。
平均って何?測量の基本を分かっているか疑問です?

pc 未だ公開されないソフトですが、公差の制限や判定が出来るのでしょうか…もしかしてまた手入力?

土地/建物全体をとおしてチェックスタイルを採用した為に、無駄なスペースを取りすぎているように思えました。
現在の調査書に有る「報告事項」や「総合報告」欄は現場でしか知り得ない調査事実を記載出来る項目と評価していたのに無くなりました…pencil

今年度の事務打合せにて「分筆線が申請人の意思に合致したものであることが分かる記録」を記載しないと実地調査省略出来ない事案に該当すると、ホーム局から記載を求める解説がありましたが、何処へ書くべ? eyeglass

|

« 新93条調査書の建物記載例 | トップページ | 基準点閲覧サービス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新93条調査書の建物記載例 | トップページ | 基準点閲覧サービス »