« 旧正月は一番の冷え込み | トップページ | 閉鎖地番の一覧 »

2016年2月 9日 (火)

合筆で除却された?地積測量図

eyeglass 2筆に分筆された地番双方が合筆され地番は地積測量図が閉鎖されるようです。

よくよく考えると地番が閉鎖されるので今の検索システムでは地積測量図までも検索対象から外される仕組みです。

flair 分筆後の一方の地番が合筆後でも残っていれば、地積測量図はヒットします。

book バインダーに綴じられていた時代には、合筆しても除却されることは無く閲覧・請求は可能でした。

随分前ですが、支局との事務打合せか何かで合筆したら地積測量図が閉鎖できないかと質問が有りましたが答は不可。
理由は除却する規定がないからと…今で無いハズですが coldsweats01

shadow 作成年が古く、いい加減な地積測量図が有ると拘束されてしまう為、合筆してお蔵入りしたいとの要望が有り、このような質問が有った事を覚えています。

分筆後の一部が合筆された場合は次頁に変更内容が記載されますが、比較的最近の図面の場合は資料価値があり、一概に閉鎖されるのもどうかと think

pc あくまでも閉鎖ではなくネットからは検索出来ない=請求不可!と言われるかも知れませんが。

|

« 旧正月は一番の冷え込み | トップページ | 閉鎖地番の一覧 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旧正月は一番の冷え込み | トップページ | 閉鎖地番の一覧 »