« 建物の取り壊しが目立つ時期 | トップページ | 項目の境目をクリックすると »

2015年12月 1日 (火)

地籍調査の杭

eyeglass11月の中旬過ぎになると、路肩や雪で埋もれる構造物の位置を示す目印のピンクテープが、アチコチに建てられるのに気付かされます。

地元でも今年度から本格的に地籍調査が始まりました
flagflagflag船坂峠の手前から斜め東に入ると、集中してピンクテープが目立つ箇所が有り、真新しい地籍調査の杭でした。
15dec1_10
とっかかり易いこの地区から始めるらしいとは聞いていましたが、これまで車で通っても気付かず、先日の初雪で草が倒れ目立つようになったのかも知れません。
eye プラ杭頭部、ナンバーの記載が有るワッシャー中心を良ぉーく見るとピンポールを立てやすい仕様になってます。
昔の国調の場合、釘の頭部が丸くて立てづらく作業効率が悪いんですよねーっsweat02

15dec1_11

近年の地籍調査は大元の基準点がGPSなので、施行年度による平均計算の違いに悩まされる事もなそうです。
立会を含め測量もしっかりしている(推測)ので、色々な意味で成熟した成果には大いに期待できます confident

|

« 建物の取り壊しが目立つ時期 | トップページ | 項目の境目をクリックすると »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 建物の取り壊しが目立つ時期 | トップページ | 項目の境目をクリックすると »