« 平板で校章を描く | トップページ | 冬タイヤへ交換 »

2015年11月28日 (土)

オファーいただきましたが

telephone 先日、某支部より筆界点の位置誤差について講師のオファーの電話を頂戴しました。

事情が有り都合が付けられそうもなく丁重にお断りしましたが、他の支部の方を対象に講師を勤めるには全くの力不足ですけど興味のある方にとっては面白そうで残念です。
shadow 申し訳ございませんです。

eye 地元のように土地台帳附属地図が殆どの所もあれば、既に国調などで14条地図が整備されている市町村も有り、同じ県内でも基礎となる資料が違えば、考え方にも随分違いが有るようです。

今回オファーをいただいた地区は、ほぼ国調の図面が整備されておりますが、問題は古い時代の国調で基準点が無く一部筆界点だけが存在する現場での復元に関する話しだと思われます。

国調にしろ換地処分にしろ、役所に足を運んだ当初は資料が分からないと言われても、倉庫を探させて貰うと古い資料を見つける事が出来た事が何度か有りました。

danger まずは、どの役所にどの様な資料が有るのか把握するのが第一歩かと思います。

最近の事例ですが、基準点も筆界点資料も有るのに、隣接地が任意座標で分筆されていました…gawk
また、市町村から筆界点のデータは入手しますが基準点データを入手しない方が結構いらっしゃって××変換について聞いてくる方は、このパターンが多いです catface

登記所も基となる登記所以外の資料について把握するよう御願いしたい物です。
じゃないと、そのツケが後から分筆する調査士に被ってくるのですからsweat02

|

« 平板で校章を描く | トップページ | 冬タイヤへ交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平板で校章を描く | トップページ | 冬タイヤへ交換 »