« 病院のPC | トップページ | 未失効照会を利用してみる »

2015年11月 6日 (金)

意志能力判断が分かれました

eyeglass 少し前になりますが、所有する土地売却の前提として地目変更や建物滅失登記の依頼が有りました。

登記名義人は施設に入っていると聞いた時点で毎回ですが不安がよぎります。

登記の内容について奥さんと娘さん同席で本人確認および意思の確認をしましたが少々微妙。

pencil 「手が震えて書けないので…」今回に限らず高齢の方からは良く言われます。
住所とフルネームを言って貰い、会話も成立するのですが、今日は調子が良い方と娘さんの話…波があると言う事か gawk

登記の目的に照らし意志能力は有ると判断、少々面倒な登記でしたが登記は完了。

その後暫くして、仲介の業者さんと話す機会が有り、所有権移転で司法書士のセンセーから面談の結果断られ困ったとの事sweat02
結局は別の司法書士に依頼し登記は完了したと聞き、何それと…思いましたが、三者三様の判断に自分の判断がゆるかったのか?

調子の良い日と悪い日があることは聞いていましたが、ますますこのような事案が増えるのは確実です。
shadow 依頼を受けた早い時点で申請人が高齢の場合、状況をお聞きしているのですが、判断は面談するまで分からず、遠方まで赴き意志を確認出来ない時は、お互いに辛いです。

|

« 病院のPC | トップページ | 未失効照会を利用してみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 病院のPC | トップページ | 未失効照会を利用してみる »