« オンライン申請の利用率 | トップページ | 昨日のつづき »

2015年9月 3日 (木)

分筆地番の付け方で補正

telephone 閉庁後にPCを停めようかと思ったところにホーム局より申請中の分筆の件で電話を頂きました。

house 住所地番の分筆なので(仮)10番を10番と10番1で申請したら10番と10番2にして下さいとの事。
search 因みに10番の他に支号の付く地番はありません。

特別の事情がある場合(準則67条-7)と言う事で10番を残す旨、調査書に記載し御願いしてます。

同一敷地で新たに表示をする際、家屋番号は準則79条で「の1」ではなく「の2」と条文があります。
以前これで補正になりました coldsweats01

準則67条(地番の定め方)を読んでも「-2」からとは見つかりませんが…eye

まぁ住所地である元地番さえ残れば御の字ですし、そもそも地番は登記官の専権事項なので従うしか有りません。
勉強不足で申訳ありませんが事務取扱要領にでも有ったかな?

shadow 住居表示地区外で支号が付かない元番を残し、かつ、元番しか無い土地の分筆は希なケースかも知れません。
watch まもなくして補正通知を入ったので、早速地番を直した図面を再度添付し送信しましたsign01

|

« オンライン申請の利用率 | トップページ | 昨日のつづき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オンライン申請の利用率 | トップページ | 昨日のつづき »