« 分筆地番の付け方で補正 | トップページ | 鎌を研ぎつつ伐採の思い出 »

2015年9月 4日 (金)

昨日のつづき

eyeglass 昨日の続きで分筆地番の付け方ですが、根拠を探してみました。
マヌケけな話しに8年前のブログに書いていました coldsweats01 
http://atokichi.cocolog-nifty.com/chosasi/2007/08/post_74d9.html

久しく、このようなケースは無かったので忘却の彼方に…catface

pencil 決定的な根拠ではなく民事局長回答では間接的に触れているだけ。
”慣例”として元番を残す場合は-2からつけるのようです。

|

« 分筆地番の付け方で補正 | トップページ | 鎌を研ぎつつ伐採の思い出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 分筆地番の付け方で補正 | トップページ | 鎌を研ぎつつ伐採の思い出 »