« バージョンアップ終了のお知らせ | トップページ | 充電中です »

2015年8月27日 (木)

ストリートビューに基準点を落す

平成4年備付の14条(国調)区域なので日本測地系時代に測量された地籍調査の図面です。

eyeglass  入手した基準点・筆界点データは日本測地系かと思いきや、世界測地系に変換されてデータを交付していました。

Stve_2wrench 試しに世界測地系の現場を地図に落せるHPでストリートビューへX,Y座標を入力するととピタリ表示してくれました…オォーと感動 eye

shadow 支部でSIMAフォーマット(区画)をGoogleマップに落す研修会をしました。
clock 時間の都合上ストリートビューには少しだけ触れましたがピンポイントで落すのはX,Y座標を入れるだけなので実際の現場でお試し下され_pencilJissai_2


上がストリートビューで下が実際の現場です(ポールを建てた場所がの実際の位置)50㎝ほどしかずれていません。

どの様にしてGoogleがつなぎ合せているか分りませんが、これだけピッタリだとは予想以上ですsign01
世界測地系を用いる理由は、何よりも地図やストリートビューに落せる事です。
それにしてもストリートビュー恐るべし coldsweats01

|

« バージョンアップ終了のお知らせ | トップページ | 充電中です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バージョンアップ終了のお知らせ | トップページ | 充電中です »