« 現場で応急措置 | トップページ | 久々の重傷です(漆かぶれ) »

2015年8月24日 (月)

基準点を探しましょう。

eyeglass 14条地区で地籍調査や区画整理・換地処分など筆界点に座標値が有る場合、担当部署から座標データなどを入手します。
これらの場合、基準点のデータも同じ部署で管理しているので必ず入手しましょう。

現地に基準点が残っていない事も有りますが、先日書いたように最初に基準点や筆界点2点が見つかればTSを据え方向角と距離でピンポイントで探索します。

Koujityu
なにがしかの工事が行われていれば亡失しているかも知れませんが、農村部では思いの外残っています…スコップ&ツルハシは必須。

基準点が有るのに(データすら入手せず)筆界点だけを観測し何チャラ変換に走る人が多く見られるのは残念…catface

基準点は作業規定の他に”視通+永続性”を考えて選点します。

その名のとおり「基準点」から観測した筆界ですから「基準点」から復元するのが原則です。

基準点が見つかれば動いていないか角度と距離を点検するのは街区基準点を使う場合と同様です。

続いて見つけた筆界点の杭を観測し筆界点データと点検。こちらは動いている可能性が有るので現地に杭が有ったからと言って、鵜呑みにしては行けません。

book 基準点網図は無い場合も多く、基準点が別路線の場合精度が悪い事もあるので基準点番号が連続しているかに着目しましょう。

|

« 現場で応急措置 | トップページ | 久々の重傷です(漆かぶれ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 現場で応急措置 | トップページ | 久々の重傷です(漆かぶれ) »