« 飛込みの相談 | トップページ | 売買時には現存しない建物に注意 »

2015年7月 7日 (火)

左から右へ

TSでの水平角観測時の視準にも左から右へ合わせるのが原則。
目標に十字線を合わせる”視準”ですが目標が右にある場合、一度左に戻し微動ネジで右に回し合致させます。
Ws000000_2
wrench 基準点をやって来た人は、現場で先輩から教えられた事の一つだと思いますが。

近年のTSは目盛盤など器械その物が極めて精密に出来ているので目盛盤を0、90にしたり、初読を0からずらしたりするのも昔ほど意味が無いのかも知れませんが、お約束なので coldsweats01

基準点測量での話なので、作業規定に無い境界点観測時に拘泥する必要は無いのかも知れませんが、すっかり体に染みついて、どんなときでも左から右回りしてます eyeglass

|

« 飛込みの相談 | トップページ | 売買時には現存しない建物に注意 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 飛込みの相談 | トップページ | 売買時には現存しない建物に注意 »