« 便利な計算HP | トップページ | 会館問題説明会…へと »

2015年3月26日 (木)

著作権と利用条件

copyright 一昔前はホーム局等で住宅地図をコピーする事が出来ましたが、著作権管理の厳格化と、そもそもコインコピーの廃止で出来なくなりました。
通常、冊子の住宅地図の場合、最後の頁にコピー不可の記述が有ります。

24hours 時折利用するコンビニでの住宅地図@300円は特に地元以外は便利で利用させて貰ってます。

eyeglass コチラは下の余白に「お客様は、以下の条件に同意頂いた場合のみこの地図をご使用になれます。」の記載が…そこそこ目立ちます。
●この地図が、株式会社ゼンリンの著作物であること、従って、この地図または一部の複写、複製、加工、その他の利用を行わないこと。
●この地図の全部または一部を有償無償及び方法の如何を問わず、譲渡、貸与、使用許諾、送信その他第三者に利用させないこと。
●印刷物が、必ずしもお客様特定の使用目的または要求を満たすものではなく、また全てが正確または完全ではないこと、印刷物が判読しにくい可能性があること、及び当社がこれらの事情があったとしても印刷物の交換・修補・代金返還その他の責任を負わないこと。
●この地図に関してお客様に負う損害賠償責任は、請求原因の如何に関わらず、故意または重過失がある場合を除き、直接かつ通常の損害の賠償に限られ、また、お客様がお支払になった本サービスの料金の額を限度とすること。

コピーは勿論このご時世容易に発信できますので、著作権は尊重しますし、厖大な費用と時間を掛けて作成しているのは理解しているつもりです。
しかし、ここまで書かれると正直ムッと来ます gawk

文面どおりなら自分で使うコピーもダメだし一切手を加えたりFAXもダメよーってsign03
役所に案内図として添付する場合、必要枚数分だけ取得してください…と言うことか。
それに○を付けて「申請地」と追記もダメらしい…coldsweats01
そこまで厳格に解釈しなくともと言われそうですが、それにしても「利用条件」は書いたモン勝ちてきに思えますが catface
逆に自分の首を絞めることになるのでは?

|

« 便利な計算HP | トップページ | 会館問題説明会…へと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 便利な計算HP | トップページ | 会館問題説明会…へと »