« 滅失はオンライン申請が向き? | トップページ | 補正ですが…。 »

2015年3月18日 (水)

入射角と出射角

eyeglass 測量用語と言うより「トラバー計算用語」かも知れません。
街区基準点が無い現場などで閉合トラバースを組み計算する際に初期設定としてT-1の座標(任意)と方位を与えます。

wrench この場合、方位はTS附属の方位磁石でも良いし、都市計画図などから拾ってもOKです。

Nyu_shutu_2
この方位の設定に入射角と出射角の2種類有り、現場で観測開始の際には頭に入れておくと、その後の計算がスムーズに進められます。

初点T-1(仮)X=0,Y=0とし後視点T-4

出射角:T1にTSを据えNからT-4への角度を観測
入射角:T4にTSを据えNからT-1への角度を観測

wrench 観測の順序から言えば通常は出射角を与える事になります。
BTVでもデフォルトは出射角になっています。

たまぁーにやると、どっちが出射角だっけ?と忘れますので書いてみました coldsweats01
eye チョット昔の測量会社の任意座標を入力すると北がアサッテの方向を向いている時があります。これはトラバー計算時に後視を0℃と設定している場合が多く、トラバーはTSで観測後に平板測量した時代は良く見られます japanesetea

|

« 滅失はオンライン申請が向き? | トップページ | 補正ですが…。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 滅失はオンライン申請が向き? | トップページ | 補正ですが…。 »