« 氷のような雪の塊 | トップページ | 午後から支部研修会 »

2015年2月 6日 (金)

調査士業務で描く横断図

eyeglass 筆界特定の研修で回答例(見本)を参考に意見書作成してみました。
研修用の例題なので結論はさておき、提示された資料と条件を基に必要項目を埋めてみる事に…pencil
資料として作成された現況平面図はありますが、設問では道路境界が大きく影響します。
だったらその道路を含む横断図が有ったほうが良いでしょう。
調査士の場合、横断図を描く事は少ないかも知れません。
都市部ほど道路など長狭物の立会申請や境界承諾には横断図の添付を求められる事が多いです。
eye 道路幅を確認するのが主な目的なので、当然かも知れません。
地元では国道の承諾を得る際に境界標がある毎に幅員を表示した横断図を描きます。
官地の払下でも描きますが、幅が分れば良い程度の極簡単なもの…coldsweats01

wrench 設計に使う路線測量の横断図とは違い境界~境界までの幅員を表示するのが目的の横断図ですから、ポイントさえ押えれば難しくありません。
わざわざレベルによる横断測量までしなくとも、高低差の少ない市街地なら現況平面図や境界承諾図のCADデータから交点計算で幅員は抽出が出来ます。
多少の高低差が有ってもポールやコンベックスを利用し、側溝など構造物の断面をスケッチしておけば十分です。

sign01起点終点が無い平面図の場合は、忘れず現況平面図に横断図の位置と向きを入れましょう
調査測量要領の別12を参照

|

« 氷のような雪の塊 | トップページ | 午後から支部研修会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 氷のような雪の塊 | トップページ | 午後から支部研修会 »