« 所在地番から検索と家屋番号検索 | トップページ | 境界を探せ!を見ました »

2015年2月27日 (金)

新XML署名ツールの複数ファイル指定

Ws000002セコムパスポートにも慣れましたが、操作性は悪くなった点がいくつかあります。
1つの図面ファイルだけを署名していると気付きませんが、複数のファイルを一括してXML署名する際には反転した状態でないと署名されなくなりました。
ドロップしたり追加のどちらでも複数指定する場合は最後のファイルだけが反転状態の為に、全部反転させる必要が有ります。
Newxmlwrench そもそも複数のファイルを一括して署名する為に指定しているのだから、あえて反転させる必要はないはず…pout
ICカードでのXML署名では一括して出来たので、戸惑いました。
以前も書きましたがファイル種類が初期値でXMLなのでTIFに直すのも面倒です。
まぁコチラはドロップする事で対応してますが、なんだか使い辛くなりました gawk

|

« 所在地番から検索と家屋番号検索 | トップページ | 境界を探せ!を見ました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 所在地番から検索と家屋番号検索 | トップページ | 境界を探せ!を見ました »