« デスクトップの背景 | トップページ | (新)登記識別情報 »

2015年1月26日 (月)

線を反転する(BTV)

pc たままBTVの新たなコマンドを見つけました。
長年使っていても知らないコマンドが有るものですねぇ。
現況平面図で側溝やブロック塀などを配置する際に「特殊線」のコマンドを使います。
Block
wrench 指定した右側に幅が描画されますが、誤って意図した向きと逆に配置してしまう事が有ります。
直後ならCtrl+Zでやり直す事が出来ますが、何らかの操作を挟んだ後で有効なコマンドです。
[データ編集]→[線編集]→[線記号反転]
shadow 先日、研修会で筆界特定の資料にある現況平面図を見た人から「この線路みたいなのは何?」と聞かれましたが、大縮尺の図面ではブロック塀をこのように表記するのが一般的です。
同じ図面で係争部分にある柵かフェンスらしきを独自の線で表示しています。
この場合は凡例を記載するか、引出線で表示して上げるのが親切ですね。
肝心な部分なのに、これじゃぁ生垣なのかすら分りませんsweat02

|

« デスクトップの背景 | トップページ | (新)登記識別情報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デスクトップの背景 | トップページ | (新)登記識別情報 »