« 地番参考図なるモノにビックリ | トップページ | 街区基準点を結合しチェック »

2014年9月 6日 (土)

ピンポールが立てられない時

住宅地を測量していると、ピンポールプリズムが物理的に立てられない場合が有ります。
ピンポールプリズムも様々ですが、気泡管が前面に有り比較的立てやすい構造の物も有りますが、それでも背中がぶつかって真っ直ぐには立てられませんsweat01
Pr_2


プリズムをピンポールから外し、附属のアタッチメントを付けて観測しますが、写真は円錐状の先っぽがポイントになります。
別のプリズムは三角錐のタイプですが、写真のタイプが使い易いです coldsweats01

|

« 地番参考図なるモノにビックリ | トップページ | 街区基準点を結合しチェック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地番参考図なるモノにビックリ | トップページ | 街区基準点を結合しチェック »