« ピンポールが立てられない時 | トップページ | ICカードからセコムパスポートへ »

2014年9月 8日 (月)

街区基準点を結合しチェック

昨年から街区基準点を利用して分筆する現場は少なく、久々に街区多角点を探し歩き、何とか結合してきました。
eye 既に亡失した箇所もボチボチ有り、街区基準点が有っても現場によっては結合が難しいケースも有り悩みます。
市街地の現場は、条件が厳しく理想どおりはマズ行きませんsweat02
今回は起点終点で方向角の取付けを行う、単路線ですがXY座標の閉合差が4ミリ、角度が10秒で一安心。
震災後の改測データなので一抹の不安は有りましたが、今のところ問題はなさそうです。
支部の研修会でTSの簡易点検をしましたが、街区基準点を利用する事で、自分のTSが狂っていないか分ると思います。
fuji 地元は約250mと標高が高いのとY座標が-65,000なので距離のマイナス補正が必要です。
街区基準点に限らず、与点成果を利用し精度内にピッタリと収ってくれると思わず、ニンマリとします coldsweats01

|

« ピンポールが立てられない時 | トップページ | ICカードからセコムパスポートへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピンポールが立てられない時 | トップページ | ICカードからセコムパスポートへ »