« 埋蔵文化財の調査 | トップページ | パスワード変更のお奨め »

2014年8月12日 (火)

閉鎖公図の請求には

eyeglass 殆どが旧土地台帳附属地図の当地の場合、分筆などの調査では閉鎖公図まで遡って調査する事が多いです。
道・水の着色漏れや接合の具合は結局、閉鎖公図をみるしか有りません。
大福帳→マイラー→電磁的記録地図(現在?)と移り変り、現在閉鎖公図として大福帳はカラーで出力されます。
dollar 因みに薄くて分らなくても@450円ですsweat02
現在の地番区域で請求しますが、結局は住居表示前の旧町名で係のお姉様が検索して発行するのだそうで。
閉鎖図が作成された時の字名で登録されているとの事…なーんだ現在の地番区域とリンクさせて登録したと思っていました。

book 登記簿時代ですと表題部が改正されていない筆の場合、旧町名が朱抹されており、分るケースが結構有りました。
それもコンピュータ化以降は全く分りません。
受付したら、まず旧町名との対照表で調べるようで、これじゃぁ時間が掛るのは仕方有りません。
てな訳で、分っているようでしたら旧町名を記載して下さいと御願いされました。

|

« 埋蔵文化財の調査 | トップページ | パスワード変更のお奨め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 埋蔵文化財の調査 | トップページ | パスワード変更のお奨め »