« 完了予定日を過ぎても…。 | トップページ | 新築年月日へのこだわり »

2014年7月11日 (金)

滅失せぬまま取引

house 更地を購入し新築した建物の登記をしようとしたら、前所有者の建物が登記上残っていたケースが旧市内では希に有ります。
shadow 売主の前所有者も更地で引渡したので、まさか自分の爺さん名義の古い建物が滅失されずに残っていたとは思わなかったようです。 仲介業者や司法書士のセンセーが気付けば良かったのでしょうが、スルーしてしまい、建物表示の調査で初めて気付くケースです。
売主さんが地元の人じゃぁ無いと、滅失登記の手続を理解して貰うまで、なかなか厄介です。 実態が無いのだから別にかまわないべ?とは、まずなりません。
知らぬが仏?だったかも知れませんが知った以上、買主さんは気になるし住宅ローンが絡めば銀行が許してくれません。
dollar 滅失登記する事になっても、今度は滅失の費用負担を売主・買主?どっちが持つのかで揉めます。
私としてはどちらでも良いのですが… coldsweats01
更地でも、いわゆる屋敷畑として地目が「畑」の筆が有ったりすると、流石に売却する対象の土地ですから「地目変更」の依頼へと結びつきます。 オンラインで土地の上に建物が有るか?簡単に検索出来る時代ですから、土地だけの取引でも一応、登記上の建物が残っていないかチェックしてみて下さればなぁと…eye

|

« 完了予定日を過ぎても…。 | トップページ | 新築年月日へのこだわり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 完了予定日を過ぎても…。 | トップページ | 新築年月日へのこだわり »