« 夏場は虫に悩まされます | トップページ | カラーコピーの普及 »

2014年7月 3日 (木)

電子化が進む役所の図面

eye 役所からいただく図面の殆どが電子化されプリントアウトされたものに変りました。
マイラーなどの原図を青焼やコピーしていた時代から、パソコンからのデータをプリンター出力する時代です。
ホーム局の公図や地積測量図だけでは有りません。
小さな役場に行くとキャビネットからマイラーをコピーして下さいますが、それも少数派になりました。
danger 良くも悪くもデジタル化した図面は見た目が綺麗なだけに、正確な図面と思いたくなるのが欠点かと coldsweats01
道路台帳・上下水道台帳・電力・ガスなどのライフラインの管理図面も全てデータ化する事で共有が出来て、各部署の端末から閲覧や出力できるのは、投資に見合うだけの効果は有ると思います。
camera 昔は図面のマイクロフィルムが成果品に含まれていた事も有りましたが、今となっては無用の長物かなと?
旧公図のように保存の面からもデータ化は進むでしょう。
14条地図作成業務などで現況平面図を作る場合、協力も得やすい地元市町村から各種の平面図データ(1/500)を貰い、これをベースに補正し元図とするのが一から始めるより遙かに効率的だと思いますwrench
ただし、予算の都合から航空写真を、半ばチカラワザで1/500へ拡大し、利用目的に合せ修正しているケースが多いので、それなりの物だと思った方が良いと思います_ pen

|

« 夏場は虫に悩まされます | トップページ | カラーコピーの普及 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏場は虫に悩まされます | トップページ | カラーコピーの普及 »