« 5月3日は旗日ですが | トップページ | 半世紀ぶりの国土調査 »

2014年4月29日 (火)

求積表の方向角

eyeglass 国土調査・区画整理・土地改良換地処分の成果を求積表を入手すると、一般的に求積部分の横には次の点との辺長と方向角が記載されています。
shadowsweat02 辺長については点間距離ですので今更説明の必要もないのですが「方向角が記載されている訳は?」と資料の見方について尋ねられた事が有りした。
X,Yの座標値が有れば距離と方向角が求まる訳ですが、その利用方法は?
Ws000000 古い換地処分の現場で資料は求積表が有りました。
Ws000001a 実際の求積表とそれを起した図です。
eye 現地で10194と10205が有りましたが他の点が見つかりません。
wrench そこで10194にTSを据え10205を後視としますますが、計算書の方向角307°11′11″を合わせます。
10191を探すにはTSの角度に32°09′35″を合わせ23.304mで探索(裏角なので計算書の方向角から180°引きます)
pc 現在のTSは電子野帳や直接座標を入力したりできますが、このような資料の読み方が出来ると現場での応用が利きピンポイントで探す事が出来ますsearch coldsweats01
必ずしも挟角が必要ない所がポイントです danger

|

« 5月3日は旗日ですが | トップページ | 半世紀ぶりの国土調査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5月3日は旗日ですが | トップページ | 半世紀ぶりの国土調査 »