« 求積表の方向角 | トップページ | ブラウザを変更 »

2014年4月30日 (水)

半世紀ぶりの国土調査

shadow 昼の会合で地籍調査(国調)が再開決定したとの話が出ました。
噂では聞いていましたが決定していたとはsweat02
search ネットで検索してみると確かに基準点2箇所を設置するようで、議会の議事録もヒットしました。
全く実施したことがないわけではなく、極一部での実施され頓挫した事は伺っていました。
昭和39年度以来ですから50年ぶりの再開です。
隣接する市町村では、新規の着手をストップして初期の成果での誤りの訂正などに追われたりと、相当苦労しているようです catface
平板測量時代の国土調査は現況主義で、官地を無視していたり地元調査士さんは相当苦労されているとか。
西置賜では1/1,000の国調図面も出てきますから。

GPS以前の基準点測量の為に作業年度が道路を挟み違う地区で平均計算した為でしょうか、成果と現地の杭が著しく違った経験が有ります gawk
eye 議事録を見ると、どの地区からスタートするかは未定のようですが、ほ場整備した農地の隣接地からスタートするようです。担当部署も農林課から財政課へと決ったようで、何かしら調査士業務へも係わる機会が出てきそうです。

|

« 求積表の方向角 | トップページ | ブラウザを変更 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 求積表の方向角 | トップページ | ブラウザを変更 »