« 差出人は誰でしょう? | トップページ | 7の慣れない操作の中で »

2014年4月11日 (金)

測量現場もチョットした工夫で

eyeglass 近年はワンマン測量の出来るTSを利用されている方もいらっしゃるようですが、高額な器械は中々手が出ませんsweat01
また杭打ちの際は更に道具が増えてしまうのが難点のようです。
shadow 測量現場でのテクニックと言う程大げさな物では有りませんが、今回2つほどご紹介します。
Az 1.図のようにトラ-バーを組み観測する際に鉄塔や建物の角に方向角の取付けをする(角度のみ観測)
これで逆打ちの後視(バック)を立てる必要が省け亡失にも備えられます。

2.分割点などの逆打ちが事前に予想される場合は近くにトラバー点を設けておくと、後の逆打ち作業が楽になります 
wrench 当たり前の様ですが観測よりも逆打ちは時間が掛るので、後々の作業を頭に入れてトラバーを組みましょう coldsweats01

|

« 差出人は誰でしょう? | トップページ | 7の慣れない操作の中で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 差出人は誰でしょう? | トップページ | 7の慣れない操作の中で »