« セットアップ中です | トップページ | 推奨環境からの除外 »

2014年3月25日 (火)

縮尺表記に注意

copyright コピーやプリンター出力で簡単に縮小出来るので、縮尺表記と違ったケースにぶつかる事があります。
これが何とも中途半端な縮尺…gawk
dollar 金融機関などでA3版公図をA4に縮小するのは良くある話ですが、専門家ではないので仕方ないと諦めます。
しかし、建築確認に添付してある図面となると話は別では…catface
pc 元の図面がA2版だった物をA3版へ出力して添付する所までは良しとしましょう。
しかしタイトル欄に元図の通り1/100などと、そのまま表示するのは間違いの元でダメでしょう ng
縮小したなら、それなりの表示をしなければ行けませんねぇ。
随分前ですが「縮尺と方位のない図面はポンチ絵」だと言われた事を書きました。
1/600と1/500が混在する字寄図を切貼りして作る場合、一方の縮尺を変更しますが、その場合も間違わぬよう変更した旨を記載するよう教わりました。
pen 手書での製図時代には、このような事も少なかったのですがCADで図面を描くのが当り前の時代、その認識は薄れてしまったような気がします wrench

|

« セットアップ中です | トップページ | 推奨環境からの除外 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セットアップ中です | トップページ | 推奨環境からの除外 »