« 注文の多い…。 | トップページ | スピーチと住所は短い方が良い! »

2014年3月14日 (金)

相続されない建物

eyeglass 土地は全て相続されていたのに取壊された建物が相続されていないケースが続きました。
house 農家の古い建物は毎度の事ながら既登記・未登記や登記だけが生きている建物と結構悩ましいです…訳わからんcatface
土地の場合は共有地は名寄から把握できないので、漏れる事が有りますけども。
明らかに建物が存在しないので、後からでも出来るし放っておいても良いんでは?との考えからでしょうか。
何れ滅失登記をするのであれば物のある無しは調査士が判断するので司法書士さんには相続してもらえたら良かったのになぁっと。残存していて表示変更や更正する場合、少々厄介になり急ぎの時は焦ります coldsweats01
eye 土地だって、所有者すら何処に有るか分らない山林など普通にあります。
それでも相続登記をしますから、建物だって既登記物件は出来たら相続に含めて頂きたいですよってね。
book 相続登記で使った書類がキッチリ残っていれば良いのですが、そんな立派な人ばかりでは無いし少しでも余計な費用負担は避けたいですからね japanesetea

|

« 注文の多い…。 | トップページ | スピーチと住所は短い方が良い! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 注文の多い…。 | トップページ | スピーチと住所は短い方が良い! »