« サポート終了のメッセージ | トップページ | 長期優良住宅認定住宅 »

2014年3月21日 (金)

現在の持分は?

dollar 銀行の担当者と登記事項証明を開き打合せしながら、持分が分らずに苦笑い coldsweats01
house どうやら、表題部の登記原因と併せて見ると増築する前提として一部贈与、更に増築後、真正な登記名義の回復で持分移転したようです。親の建物に子が増築するケースでは贈与税と住宅ローン減税対策からこのような手順がみられます。

①A単独
②贈与・持分1/2をBへ移転
③真正な登記名義の回復・持分4/10BへAの持分一部移転
④登記の目的欄に贈与B持分18/100(②で登記した一部)A持分8/100移転:権利者欄にC持分26/100

はてさてCの持分は直ぐに分りますが、現在のABの持分は?

eye 分母を100にして順序良く計算します
②→A50/100、B50/100
③→Aの50/100の内、40/100をBへ移転したので
A持分10/100 B持分90/100
④の原因よりAの持分(10-8)/100=2/100
Bの持分(90-18)/100=72/100

合計2+72+26=100目出度く1になりました happy01

book 「登記の目的」と「権利者その他の事項」欄の両方を見て計算しないと…パット見で分る人は偉いと思いますsweat01
shadow 相続でやはり持分計算が難しい登記に当った事がありますが、最後の欄に所有者毎の最終持分を記載する工夫は無いのでしょうか?

|

« サポート終了のメッセージ | トップページ | 長期優良住宅認定住宅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サポート終了のメッセージ | トップページ | 長期優良住宅認定住宅 »