« 太平洋側も大雪 | トップページ | ラジオボタンをポチットな »

2014年2月17日 (月)

滅失建物をストリートビューで確認

eye 滅失登記の現地確認って同じ敷地内に建替えならば未だ良いのですが、簡単そうで難しい判断です。
danger 何しろ物がないのですから…coldsweats01
そんな訳で実務上は滅失証明書+印鑑証明書の添付を求められます。これも業者さんにとって登記した建物を取壊している感覚はないでしょう。
依頼人から建物の解体処理を請負っただけで、所在地××番地にある家屋番号○○番の建物を取壊す認識は有るとは正直思えませんsweat02
自分で取壊したケースも何度か有り、滅失証明書を添付しない場合は実地調査が入ります。
shadow 当然ですが、調査士として近所の人に聞取り調査をしてみたりしますけど。
eyeglass Googleのストリートビューが市内でも見る事が出来るようになり、近年の滅失建物はPC上で確認出来ます。Googleマップから地番で検索を掛けストリートビューに切替えれば、建物図面や現場で撮った写真から存在していた状況もバッチリ。
house 滅失事件以外にも未登記建物の事前調査にも役立ちますcoldsweats01

|

« 太平洋側も大雪 | トップページ | ラジオボタンをポチットな »

コメント

アドバイス頂いてから滅失登記には必ず添付しています。

投稿: 長さん | 2014年12月 4日 (木) 08時44分

eyeglass 先日書きましたがストリートビューに複数年次の画像表示が出来る機能が付き、更に利用価値が広がりました。
現場に出向くほどでも無いけど、取りあえず見たい!時って有りますから eye

ちょっと前なら航空写真の入手も面倒だし費用も掛りましたが、取りあえず参考程度ならGoogleアース&マップや地理院地図からで十分です happy01

投稿: B級調査士 | 2014年12月 4日 (木) 09時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 太平洋側も大雪 | トップページ | ラジオボタンをポチットな »