« 転出と転入手続 | トップページ | 雪ツカーズ? »

2014年1月16日 (木)

滅失日付の更正登記

詳しくは書きませんが登記が完了した後に滅失した日付が違うと連絡がありました。
えぇーっ?打合せの記録にも有るので間違い無いはず。
最後は言った言わないのレベルになっちゃうので、色々な事情から更正することになりました。
shadow 書式が思いつかないので登記官と相談。取りあえず分るように送信して貰えば良いと言われましたが…「×年×月×日取壊し、原因、更正」とする事にしました。
今回は附属の1つが残り主へ変更だから良い物の、全てが滅失なら登記情報は閉鎖されるので、原因日付は直せないと言われました。
コンピュータ化後は一度閉鎖してしまうと、あらためて表示で登記記録を起した上で更正し、再度閉鎖になるのだそうです。
同様に閉鎖される事件としては、滅多に無いでしょうけど合筆錯誤なんて大変そうで要注意です。
wrench いざ、作って見ると思いのほか難しいです。
つらつら思うに、この点だけは紙(登記簿)の時代は良かった…gawk
そもそも、更正などする必要有るの…ボソットつぶやかれましたが、それなりの事情があるのでした…お察し下さい。
eye 因みに完了後の登記事項証明書の記載は同じ欄に追加で「取壊し原因日付を×年×月×日と更正」でした。

|

« 転出と転入手続 | トップページ | 雪ツカーズ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 転出と転入手続 | トップページ | 雪ツカーズ? »