« 電子地図で共有する日? | トップページ | 現場の座標を経緯度変換し落してみる »

2013年11月21日 (木)

換地処分は仮の地番で出てくる

wrench 区画整理や土地改良の区域では換地処分のデータが有ります。
しかし、実際には事業が終了すると区画整理組合が解散したり、引継いだ担当部署もお蔵入りするのが現状です。
その存在すら知らない調査士さんも多く、過去には初めて請求されたなんて役所も有りましたsweat02
お蔵入りした資料を探して貰うのも大変ですが、換地処分の場合、登記の地番と違い仮の通し番号で面積計算書が保存されていることがほとんど。
資料が有っても、待てど暮らせど請求した地番が出てこない時は、これが原因。
Ws000001 地番と書いてありますが、これは仮です。
これでは、地番で探す事は無理があり、公図や住宅地図などと仮番地を付した図面を見比べる必要が有ります。
そんなわけで、資料が出てきても、更に必要な地番のデータを探すのに二手間は掛ります。
shadow 数十年前の換地処分の資料を今の担当者が分るはずもなく、しかも測量成果の見方も知らないので「一式見せて貰えませんか?」と御願いすると、ほとんどの役所は見せて貰えます。

|

« 電子地図で共有する日? | トップページ | 現場の座標を経緯度変換し落してみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 電子地図で共有する日? | トップページ | 現場の座標を経緯度変換し落してみる »