« 増えた電話での相談 | トップページ | 求積方法の変遷 »

2013年11月25日 (月)

登記完了証は直せない

noodle お昼に月一の席上ででた話題です…因みに私は野菜炒め定食restaurantdelicious
正直言ってあまり気にすることのない「登記完了証」ですが、間違いがあっても再発行は出来ないとの事。
これまでも、何件か聞いていましたがどうやら、ホントのようです。
申請情報に間違いが無い場合の話ですが、間違いの多くは登記の目的が殆どらしいですsweat02
あらためて、登記原因を見てみると、申請情報に手を加えているとは思えず、申請情報からダイレクトに行くのでは?
wrench それとも、申請情報とは別に処理件数の把握など内部の事情で、登記の目的毎に何らかの振分けが為される為でしょうか?
Ws000003 地積更正、分筆登記が分筆登記への間違いならまだしも、全く違う登記の目的へ間違うことも有るようです coldsweats01
もう一点は、これまでも何度か書きましたが地積測量図の事件ID
図面登録時に事件IDが付されますが、14条地図作成事業に伴い今年2月28日に登録された筆について請求すると、同じIDが付されていてデータ量が上限を超え窓口請求になるとの情報。
それにしても、こんなの有りでしょうか?市内なので地番が分る所を検索して見ると確かに同じ事件IDで複数の筆が登録されていました。2月28日でも複数の事件IDが見つかりますので、地番によっては請求出来るかもしれません?全てが同じでは有りませんので、幾つか分けて登録したようですが、これは筆毎にIDを付さないとダメでしょう…pout

|

« 増えた電話での相談 | トップページ | 求積方法の変遷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 増えた電話での相談 | トップページ | 求積方法の変遷 »