« 引用は最低限で御願いします | トップページ | 17桁の申請番号 »

2013年10月14日 (月)

覚えておきたい252×250

eyeglass 先日の研修会話題です。
登記情報サービスで入手した公図のサイズについて「ご存じの方は?」と聞いてみましたが手は上がりませんでしたsweat02
Sibukenshu4a_2 説明中の図 coldsweats01
少なからず図面を描くのを生業とする調査士なら縦252㎜×横250㎜の数値は覚えていた方が良いと思います。↓解説HP
http://www1.touki.or.jp/faq/details.html#faq01_2
一昔前は公図がブツでしたが、デジタルデータをプリンターで印刷する時代になり、出力するプリンターはホーム局窓口・各自のプリンターそれぞれ微妙に伸び縮みは避けられません。

shadow 銀行や司法書士さんとの打合せの席上、よく見かけるのがA3版の公図をA4版に縮小しているケース。たぶん綴じる上で都合からでしょう?
まぁ、調査士では無いので許されますが、私は顔をしかめます。
縮小や拡大するのなら、タイトルにある「1/N」を=でを消すなどしないと間違いの元です。
danger 縮小したのに1/500の記載をほったらかしにするのはダメです。
公図は見慣れているのでA3版をA4版に縮小なら、一見して縮小と分りますが、中途半端な縮小・拡大は要注意です。
pc さらに、登記情報サービスで取得した公図や図面を印刷する際に「ページの拡大縮小」設定を誤って”用紙に合わせる”を選択すると97%とビミョーに縮小されるのでPDF図面は気を付けなくちゃいけません。
wrench 手元にある公図の図枠に試しにスケールを当ててみて下さい。

|

« 引用は最低限で御願いします | トップページ | 17桁の申請番号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 引用は最低限で御願いします | トップページ | 17桁の申請番号 »