« 1964記念硬貨 | トップページ | マイクロバスで酒田の研修会へ »

2013年9月11日 (水)

1申請分筆が1つのID

pc 登記情報サービスで地積測量図を請求する際の話です。
http://atokichi.cocolog-nifty.com/chosasi/2013/02/post-278f.html
2月にも書きましたが今日は更に1請求で3筆が出した。
4月に値下げになり@367円ですが2枚分の734円得しましたねぇ…coldsweats01
やはり1申請で為された複数筆の分筆の地積測量図は、1つのIDで登録されています。
と言う事で、地積測量図を請求する場合は、まとめて請求しないで1筆ずつ請求し、出てきた図面を確認して次を請求した方が経済的(お得)です dollar
システム上の問題なのか、紙申請では分筆前の土地1筆毎にIDを付していたのがオンライン申請で提出された場合、紙図面か添付データかに関わらず1個のIDで登録されているのが分りました。
eyeglass ホーム局からは分筆に限らず、地目変更などでも1筆1申請を御願いされています。
この理由は補正を含む、処理のし易さからと説明を受けていますが、事件数の関係も有るのでは?
しかし、申請する側としては1申請で出来る事件は原則1申請です。
例外は嘱託事件ぐらいでしょうか?
今回のケース、紙申請や1申請毎に分筆申請されると今回は734円損したことになります…coldsweats01
オンライン申請の普及はこんな所にもメリットが有りましたsweat01

|

« 1964記念硬貨 | トップページ | マイクロバスで酒田の研修会へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1964記念硬貨 | トップページ | マイクロバスで酒田の研修会へ »