« 出口調査に遭遇 | トップページ | DVDが収らない!? »

2013年7月20日 (土)

閉鎖資料は無料にならぬものか?

eyeglass 以前、マイラー化た後に和紙公図は無料の時代が有りました。
現在、閉鎖された登記簿や公図の閲覧は有料です。
dollar 昨日も調査の為、閉鎖登記簿の写しを取りましたが600円なのですねぇ。
ネットでばかり取得しているので、窓口の手数料は分りません…coldsweats02
閉鎖された登記事項がネットで取れるホーム局もあるようですが、地元は予定もないそうです。
book これら閉鎖**を必要とする理由は、現在の登記事項から遡り所有者や筆界などの経緯を確認する為です。
今回の事案は、昭和40年台前半の登記に謎?が有り、色々と収集した資料から推測するに所有者の住所地の誤記みたいです…99%そうでしょう pout
shadow 依頼人の家で権利証一式を出して貰ったり、市役所でも調査したり、資料収集だけでも随分と時間を取られました。
てな訳で、土地台帳のように、閉鎖した公図や登記簿などは無料にならぬ物かと、つくづく思いました。
何でホーム局の間違いを、労力は仕事の性質上勉強だと思って諦めますが、費用まで負担しなくちゃいけないのよ…catface

|

« 出口調査に遭遇 | トップページ | DVDが収らない!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 出口調査に遭遇 | トップページ | DVDが収らない!? »