« M電卓 | トップページ | 度分秒のユーザー定義関数 »

2013年7月 3日 (水)

シビアになった文書管理

bank 金融機関から依頼いただく事件の多くは、売買や住宅ローンの借換えに伴う表示変更です。
土地の場合、現況地目が違う場合や登記面積より明らかに現地が大きい場合…coldsweats01
建物では新築よりも専ら、未登記の増築や附属建物です。
house 未登記建物の表示変更の場合、既に有る書類を補完する物として上申書を添付するケースが多いのですが実務上、印鑑証明書が必要になります。
金融機関には設定などに使う印鑑証明書が既に有り、3月の規定もないことから、これを借りて原本還付していました。
shadow ところが今年度に入り、店長の異動で某金融機関でお借りする事が出来なくなりました。
書類の取扱いがシビアになり、登記の為に必要な印鑑証明書などは別途、準備いただく事になってしまったのです。
dollar 既に融資実行が終り、表示変更後の謄本を必要とするよう事件ならば良いのですが、表示変更を先にするケースは急がなくてはいけません。
平日に市役所で印鑑証明書を取得して貰うのは、なかなか難しい物で、本人の承諾が有れば、原本還付するのだし良いと思えるのですが…catface

|

« M電卓 | トップページ | 度分秒のユーザー定義関数 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« M電卓 | トップページ | 度分秒のユーザー定義関数 »