« 同じ土地に3つの地目 | トップページ | 暴風柵撤去 »

2013年4月26日 (金)

相似形だと?

wrench小規模な土地の測量が多い為、放射や開放トラバースで境界を観測する有ります。
shadow 視通が可能で閉合できるにもかかわらず、開放トラバースで、しかも対回観測もしない人が多いのでは?
こうなると、単に面倒くさがっているだけでしょうsweat02
街区基準点区域のように既存の基準点を使わない場合、最低限閉合させて角度と座標の閉合差をチェックしましょう。
計算結果が満足する値だと安心して次の作業へ進むことが出来、枕を高くして眠れますsleepy
特に角度の閉合差は腕の見せところ…coldsweats01
Ws000002 距離に関しては、閉合させても図のように相似形になる場合が有るので注意が必要です。
danger 正しくは100mなのに点間距離が101mの観測値でも閉合差は変りませんsweat01
街区基準点地区の場合、成果と補正後の距離を比較する事でチェック出来ると思います。
郊外や田舎の現場が多い場合は、他の調査士さんのTS・プリズムでの観測結果と比較するのも面白いと思います。
wrench 支部でTSの点検も含め数名での希望者研修でもやってみようかなぁっと…cherryblossom

|

« 同じ土地に3つの地目 | トップページ | 暴風柵撤去 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 同じ土地に3つの地目 | トップページ | 暴風柵撤去 »