« ピントこない体育の日 | トップページ | 逃げ杭・控え杭・引照杭? »

2012年10月 9日 (火)

補正したくも

telephone 金曜の夕方5時半頃、家屋番号で補正の電話を頂きましたが、連休明けの今日、待てど暮らせど補正コメントが付きません。
準備は出来ていまので、とっとと補正送信をして出かけたいのイライラ…pout
中3日挟んだので、忘れられたのか?低姿勢でホーム局に電話を入れてみるとヤッパリ。
今回の補正、同一敷地に別不動産で2個目の建物表題登記。
既にN番が有るのでN番の2で申請書も図面も作りましたが、申請直前にN番の1でも良いんじゃない?どっちみちN番を職権でN番の1に直す訳でも無し、N番の1が抜けているのは不自然だし。重複さえしなければ…と何故か思って修正。

N番の1で送信して直ぐにやっぱり”の2”だよなぁ…ところでその根拠となるモノはと準則を確認すると
準則79条の7
家屋番号が敷地の地番と同一である建物の敷地上に存する他の建物を登記する場合には,敷地の地番に2,3の支号を付した番号をもって定める。この場合には,最初に登記された建物の家屋番号を必ずしも変更することを要しない。
私の勉強不足で、お恥ずかしい次第ですcatface
紙申請との違いの一つに、補正に気付いてもコチラからは出来ない事ですねぇsweat02

|

« ピントこない体育の日 | トップページ | 逃げ杭・控え杭・引照杭? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピントこない体育の日 | トップページ | 逃げ杭・控え杭・引照杭? »