« 集金に歩く | トップページ | 所在地番から建物を特定 »

2012年8月27日 (月)

領収書&利用明細ボタン

登記情報サービスは新システムに変わり様々な面で変わりました。
ログインパスワードの有効期限が90日になったように、セキュリティーが厳しくなったのは、旧システム時代は調査士や司法書士など業界関係者が利用の大半でしたが、普及するにつれ一般利用者が増えた事からだと思います。
Ws000005 danger セキュリティー強化の一環として、他人のID・パスワードで不正に利用される事を防止する為に、利用明細印刷機能が付きました。
旧システム時代でも利用明細は時々見ていましたが身に覚えのない物件が表示されたら、即パスワードを変更しましょう…coldsweats01
こちらもセキュリティーの関係でしょうけど、物件を特定する操作の中で、強制ログインになってしまうのは、未だに原因不明ですsweat02
Ws000003 dollar 領収書出力機能は旧システム時代には無かったような…?
試しにクリックしてみると、民事法務協会の印こそ有りませんが、たぶん通用しそうです。

|

« 集金に歩く | トップページ | 所在地番から建物を特定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 集金に歩く | トップページ | 所在地番から建物を特定 »