« 電子納付の続き | トップページ | 進化し続ける電子地図 »

2012年8月 8日 (水)

附属建物新築の図面

eyeglass 調査士ならば知っているはず?附属建物新築登記の古い通達です。
昭和37年10月1日民事甲第2802号
「附属建物の新築の登記を申請する場合に申請書に添付すべき平面図としては新築にかかる附属建物のみのものでさしつかえない」

大規模で、しかも複雑な工場に後日小さな守衛室などを新築した場合、余りにも申請人の負担が多い事を考慮したのでしょうか?
house 実際には居宅の新築後に車庫や物置を建築して未登記でしたが、住宅ローンの借り換えにて未登記が判明し金融機関から依頼を受けるケースが殆どです。
車庫や物置は登記しなくても良いと思っている人が殆ど…coldsweats01
mobaq この通達ですが、オンライン申請開始当初にホーム局より建物図面や地積測量図の交換サービスが開始されるまでは、紙図面と混在できない為に居宅も含む各階平面図を添付して欲しいと言われました(あくまでも御願い)
なお従来通り、紙図面で附属建物のみ各階平面図ならOKだと言う事でした。
地元の支局では6月末頃から図面の交付が地紋紙への出力に変わりました。
それ以降も附属建物新築事件がありましたが、それまで通り変更のない主である建物も各階平面図を描きTifで添付していました。
昨年は主である建物の間違いが2件有りましたので、既存の図面を鵜呑みにしてはいけませんsweat02
備付図面はお蔵入りし、新たな図面だけが生きてくるのでホーム局にとっては処理の手間が省けます。
danger 未だオンラインでの取得は出来ませんが、運用は開始されたようなので、この通達に基づき、久々に各階平面図は附属建物だけを描いて申請しました。特に問題は無く登記は完了しました。

|

« 電子納付の続き | トップページ | 進化し続ける電子地図 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 電子納付の続き | トップページ | 進化し続ける電子地図 »