« 予防注射終了! | トップページ | 4月上旬並の寒さ »

2012年5月11日 (金)

甲号は○でも乙号は×?

eye 申請人の氏名ではなく、所在地に外字が含む登記の話題です。
昨日書いた乙号申請での却下はホーム局が登記完了してもロックを外し忘れた為に却下された話題でした。
今回、登記は完了し乙号請求可能なのに何故か却下…?
eyeglass 今度は何かなと「お知らせ」確認して見ると以下の記述です。
請求番号1の請求は却下されました。以下に理由を示します。
所在、地番又は家屋番号に誤りがあります。請求内容を確認の上、再度請求してください。
Byou2 大字(地番区域)に外字を含む申請地でしたが、すっかり忘れ送信し甲号申請の建物表題登記は何事もなく完了。
その事件を先に書きました「物件情報コピー」「物件情報はりつけ」で乙号請求を送信した為に却下されてしまったのです。
何度もこの地番区域では登記申請していますが、外字を挿入するのを今回は何故か忘れてしまった私が悪いのですが、甲号では外字挿入せずともホーム局で受付した際に目で見て判断してくれます。
トコロが乙号申請は外字を挿入しないと機械的に「却下」とガス室送りsweat01
新登記情報提供サービスでは地番区域の指定を見ても、かんたん証明書請求のように紫画面は表示されず、下図のように外字として表示もされなくなっていました。
Byou_2 外字扱いの所在(住所)だとは、知っている人などオンライン申請をする司法書士&調査士ぐらいなモノでしょうょ…catface
IT国家を推進するのなら、そろそろ所管官庁の総務省が都道府県~字名に至るまでの表記に外字を使うのは改めて欲しいです…japanesetea

|

« 予防注射終了! | トップページ | 4月上旬並の寒さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 予防注射終了! | トップページ | 4月上旬並の寒さ »