« 旧システムの削除と整理 | トップページ | ATOKが切り替わる疑問 »

2012年1月11日 (水)

事件と対応するフォルダの番号

pencil 申請用総合ソフトの保存先として指定したフォルダ内に「申請案件」フォルダが有ります。
eye 覗いてみると、この中には1・2・3~のように自然数名のフォルダがズラリ…甲号に加え乙号も含むようで、申請用総合ソフトインストール時からの何件申請書を作ったか分かります…search
更にその中には通常「お知らせ」「取得公文書」「署名・送信(この中に申請書内容と添付書類一式)」フォルダとTotatsuTsuchi.html(到達通知)とUketsukenoOshirase.html(受付のお知らせ)のファイルがあります。
eyeglass 処理状況表示の一覧画面から申請事件をダブルクリックするとブラウザ立ち上がり、プレビューされますが、ブラウザ画面一番上のURL欄にはデータ保存先がフルパスで~¥申請案件¥¥~と表示されるので件名に対応するフォルダ番号がここで確認出来ます。
Url_1_2thumb だからナンダ?と言われても…対応する番号が分かると色々な面に応用が出来そうです…japanesetea

|

« 旧システムの削除と整理 | トップページ | ATOKが切り替わる疑問 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旧システムの削除と整理 | トップページ | ATOKが切り替わる疑問 »